こんばんは!

トリマーのうえぽんです(^^)

もう最近寒くて寒くて朝がツライです。笑

ウチのセラくんも寒いのか

ご飯を食べるとき、お散歩のとき以外は基本的に毛布にくるまっております。笑

IMG_7945

そんな寒い冬の季節には

乾燥していて静電気が発生しやすいので

わんちゃんも猫ちゃんも毛がもつれやすくなります。

もつれ(毛玉)ができてしまった状態でトリミングサロンへ連れて行くと

『もつれが多いので別途料金がかかります』

と言われることがあると思います。

その『毛玉料金設定』はトリミングサロンによって価格は様々で、

同じトリミングサロン内でもトリマーさんによっても違ったりもします。

なぜお店やトリマーさんによって「もつれ料金」が違うのでしょうか?

僕が今までトリマーとしていろんなお店やトリマーさんを見てきた中での

会見ですが、お話しさせていただこうと思います。

 


毛玉、もつれ料金はお店のトリミング金額で決まる?


まず、
もつれや毛玉料金というモノがなぜ存在するのか?

ということをご説明させて頂かないといけませんね。

例えば、
同じくらいの大きさで
同じくらいの毛量のトイプードルちゃん2匹が
トリミングサロンに来店されたとします。

片方のトイプードルちゃんは

日頃から正しくお手入れがされてるのか

トリミングサロンでの美容の頻度が高いのか

もつれ、毛玉がまったくありません。
しかし、もう片方のトイプードルちゃんは

普段からお手入れがされている様子がなく

根元からかなり毛がもつれ、全身が毛玉になってしまっています。
この2匹のトイプードルちゃんの場合、

大きさや毛の量は大差ないのに、
美容にかかる手間と時間が全然違います。

ペットサロンはワンちゃんやネコちゃんを美容することで料金を頂き、

その頭数や単価によって売り上げに違いが出ます。

と、いうことは

一匹の子にかかる時間が長引けば

その分、時間当たりの売上が少なくなりますし、

他の子にかけてあげられる時間も短くなります。

もつれがない子だと長時間のブラッシングは必要ないので

その時間や手間分として別で料金を頂くということです。

 

そして、トリミング料金が高いお店だと

時間当たりの売上が高いので

その時間をブラッシングにさくとなると

時間当たりの売上損失分が大きいのでもつれ料金も高くなる傾向にあると思います。

 

しかし、僕が見てきたトリマーさんの中では

そんな売上に関しては考えず、

「その子への想い」や

「飼い主様への想い」で

料金を決めておられるトリマーさんも多かったように思います。

 

それに関しては次回の記事、

毛玉、もつれ料金はトリマーの価値観で決まる?」

 

でお伝えしておこうと思います^^